ブログカテゴリ:poetrydiary



hagulog · 22日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
この場所にいないんなら 見つけに行けばいい 捕まえに行けばいい 大事なのって今の場所 そうだよ 大事だよ 守るためにいたんだもん 乱れないようにいたんだもん 退屈はないってね でもね 春が来てんだもん 桜が舞い始めんだもん だかんね 大丈夫 ちゃんとね鍵かけて 出かけんだよ 新しい宝物 大事だから 剪定ばさみ  ビニール袋 必需品 ねっ 怖がることないから...
hagulog · 15日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
もし僕が空を飛ぼう そう思うのなら 何枚もの羽根を作り 腕に強い筋肉をつけるべきだ . . . 浴室に浮かぶ王冠 蛍光灯の灯りがついたり消えたりと さび付いたドアノブに 閉じ込められて 溢れ出している浴槽の水 だれもがおちそうな 真黒な穴 深く沈んでく . たぶんね そのことだけを知るものが 空を飛べるのだということだよ
hagulog · 14日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
理解など求めていないと これまで見てきた世界が 誰が見た世界とも違うから 大丈夫よ なんて言葉に 私の知る大丈夫はないんだよ . 見えているものも 聴こえてくる声も これまでのわたしが敏感にしたから 同じ場所にいる誰かでないと ただの不協和音 . 通じ合えているものが 積み重ね文字の羅列に 存在していないことを ワタシらは知っているから 現実を遮断して...
hagulog · 13日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
もしも不思議な魔法 夢で逢えるたらどこでもドア 逢いたくて逢いたくて しょうがないよ 君の声聞きたくて 君の瞳に私だけ そんな魔法
hagulog · 10日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
とおい波音 潮騒のおと ちゃっぷて音 明日海に行くんだ そう明日 海はずっと ずっと ねっ つながっているもの
hagulog · 10日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
変わらないでいてくれること 祈って たとえいくつも 枝葉がついても 今の君でいて さよならを言わない お別れもあるのかな? バイバイ なかったら また同じ笑顔で会えるよね
hagulog · 08日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
18時までに時間がないよ 昨日用意してたシャツ 今日になってしくっくりいかない 待ち合わせの七分前 「ごめん遅れるよ」って 連絡入れた方が良いかな 寝起きで頭が回んない 歯磨きしなきゃ 寝癖なおんないよ 10分遅れるって言う たぶんいつも早めに来る もう待ってんだよな
hagulog · 07日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
忙しいって言葉が言い訳の言葉みたいに 世の中はなっていて 忙しいから後回ししてる大切なことが ほんとにほんとに置いてかれて ごめんなさい、ごめんなさいって でも嘘じゃないよ 大好きなハンバーグは最後まで取ってるタイプ 大切な写真は後で見せるタイプ もったいぶってもったいぶって あああってくらいの時に いただきますってタイプだから...
hagulog · 06日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
思いがけず 偶然見つけた宝物と いっぱい努力して手に入れた宝物では 比べるものではないのだろうけど どちらに本当は価値があるのだろうとか . 迷い込んだ街路時の 路地裏でこっちを見てたクロネコ 追いかけて見つけた猫のうち . 電線の五線紙に並ぶ音符のように とまってた雀たち . 夕日に映る 渡り鳥の影たち . . 追い求める前に 偶然があって あのとき見つけた...
hagulog · 04日 3月 2018
福岡平尾美容室 portrait  詩 hairstyle
ビルとビルの間の誰も来ない日陰の場所は 教室の窓際の後ろから3番目あたりくらい 誰にもきづかれない場所だ クラスの中心にいるやつらとも 見つからないように見をひそめているやつとも 先生に一目置かれているやつとも違う 誰からも丁度良い適当な場所だ

さらに表示する